SERVICE

airocide Air Purification that Works™

スタイリッシュなデザインにNASAの技術の応用 究極を追求した空気清浄機 遂に最新のテクノロジーがご家庭に。

airocide Air Purification that Works™

NASA アメリカ航空宇宙局の技術 国際宇宙ステーション等、宇宙船内の空気環境を改善するために考案された技術がベースに。

Award Winning Design Gold Edison Award GQ Best Stuff of the Year CNN 10 Best Gadgets

FDA Food and Drug Administration アメリカ食品医薬品局認定 シンガポール政府認定

Airocide APS-200 PM2.5

airocide Air Purification that Works™

コアテクノロジーはNASAが開発! 宇宙船内の空気環境を改善するために考案された技術をベースに酸化チタンをコーティングした極小さいマカロニ状のガラスのパイプが触媒の効果で有害物質を分解、除去。

一台でどのサイズの部屋でも効果を発揮! オゾンなどの発生もなし

  • VOC (Ethylene Gas) VOCエチレンガス
  • Bacteria バクテリア
  • H1N1 Virus インフルエンザウイルス
  • Pollen 花粉
  • Mold/Fungi カビ菌
  • PM2.5対応
  • STAGE 1
    炭素・過マンガン酸塩媒体がガス成分の急速な除去を可能にします。
    本体のみで使用した場合、活性炭素によりガスが飽和し大気中に戻ります。一方、PCO素材と併用した場合、UV照射を360度行うことが可能で、VOCの除去能力が高まります。
  • STAGE 2
    MERV-12媒体は無機炭素などの微粒子物質を空気中から除去します。
    これは病院でも使用されているものです。
  • STAGE 3
    当社の特許技術である触媒でコーティングした繊維状物質を約270度UV照射します。当社の調べで、反応チェンバの形状を考慮すると、これにより表面積が最大となり、PM2.5のガス成分をさらに効率的に除去できることが明らかになります。
  • STAGE 4
    NASA開発の従来のエアロサイド触媒では245ナノメートルのUV照射は90度です。PM2.5は成分の約15〜29%が有機物質です。これは主に自動車、トラック、煙突から出る未燃焼炭化水素です。こうした分子は一般的に非常に安定した環状炭化水素で、空気中からの除去が困難であり、発がん性物質のため吸い込むと非常に危険です。エアロサイド触媒は、環状構造の安定を妨げ二酸化炭素を完全に酸素化させるのに効果的であることが分かっています。

エアロサイド PM2.5 カートリッジAirocide APS-200 PM2.5 エアロサイド PM2.5 ¥140,000〔税別〕 ★年1回フィルター・ランプ交換が必要です。センドバック方式1本20,000円×2本毎年40,000円〔税別〕がかかります。 サイズ/約17.5×47.5×15.2cm、重量約4kg。

オブジェのようなスタイリッシュなデザイン。 床やサイドボードなどに置く他に、壁掛けやスタンドとしても設置可能です。

※壁掛けやスタンドには別途オプションパーツが必要です。

大型施設等に最適な業務用壁掛けタイプ Airocide GCSシリーズ

JAPAN INNOVATION

www.japan-i.co.jp

本製品のお問い合わせはメールかお電話で。

株式会社ジャパンイノベーション

本社:〒110-0015 東京都台東区東上野3-35-1 鈴木ビル4F TEL:03-5816-1555

CONTACT